1件のコメント

WSHスクリプト(VBScript)でライブラリをインクルードする

仕事を楽にするためにWSHを使いこなすでWSHの必要性について書きましたが、実際にWSHでいろいろとスクリプトを書いていくと、当たり前のようにライブラリが欲しくなります。インターネット上で探してもめぼしいライブラリは見つからないというのが現状だと思います。(もしも良いライブラリを知っている人がいたら教えてください!)

そこで仕方なく(?)自分でライブラリを整備しています。具体的にはVBScriptでクラスを作成し、それを利用するスクリプトを拡張子.wsfで作成し、インクルードさせるようにしています。

具体的な記述内容は以下のようになります。

<job id="main">
<script language="VBScript" src="VBSLib.class" />
<script language="VBScript">
 
'ここがスクリプトの本体
 
</script>
</job>

VBSLib.classファイルにクラスが定義されている、というわけです。インクルードするだけのためにわざわざwsfファイルにしてXMLとして記述しなくてはいけないというところにかなりの不満とめんどくささがありますが、他にやりようがないようなので仕方なくこの方法で行っています。

Microsoft MVP for Microsoft Azure。「Windowインフラ管理者入門」著者。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。エレキベースを演奏します。将棋も少しやります。ハイブリッドクラウド研究会(HCCJP)主催。最近はYouTuberです http://bit.ly/2NTCKmj

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。