Windows Server 2012 Hyper-Vで任意のホスト間を移動(Live Migration)させるための委任設定

Windows Server 2012ではShared-Nothing Live Migration(何も共有していなくてもできる移行)ができるようになったのでちょっとしたサーバーの移動が非常に楽にできるようになりました。ですがちょっとやろうとするとすぐに詰まるのが以下のエラーです。

image

 

これは認証プロトコルとしてKerberosを選択しているにもかからず、きちんと委任できていない場合に発生します。

image

※CredSSPを利用すると、ログオンしているホストから他への移動が実行できます。が…、いちいちログオンするのは面倒なのでやはりここはKerberosで任意のサーバーから任意のサーバーに自由に移動できるように構成したいところです。

 

このエラーを回避するには以下の技術情報にしたがってコンピューターアカウントに対して2つのサービスに関して委任を設定してあげればOKです。移行元コンピューターに移行先コンピュターのサービスを委任してあげる感じです…が、私は面倒なので、全部のHyper-Vホストに全部のHyper-Vホストのサービスを委任してしまってます。

image

 

きちんと委任してあげれば以下のように移動することができます。

image

Microsoft MVP for Microsoft Azure。「Windowインフラ管理者入門」著者。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。エレキベースを演奏します。将棋も少しやります。ハイブリッドクラウド研究会(HCCJP)主催。最近はYouTuberです http://bit.ly/2NTCKmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

x
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!最近はブログよりもYoutubeに力を入れていますので是非Youtubeもご覧ください!
胡田昌彦のコンピューター系チャンネル