現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

WSFCで静的ルートがフェールオーバーと同時に失われる

トラブルシューティング
この記事は約1分で読めます。

WSFCのノードに対して静的に登録してあったルートがサービスのフェールオーバーと共に失われルーティングできなくなり、フェールバックと共に再度ルーティングできるようになる・・・というトラブルの連絡がありました。

route printでルーティングテーブルを表示してもきちんと表示はされているけれども…という状況らしくもしかしてWSFCってそういうものなのかもしれない…とちょっと思ったりもしましたが結局調べてみたらそのものずばりのKBが存在していました。

日本語での情報が私の検索ではヒットしなかったので日本語で記録しておこうと思います。

上記KBに書いてあるように、route addコマンドで登録するときにきちんとインタフェースを指定せずに省略すると、どのインターフェースにも紐付かずに登録されてしまうらしく、それが問題の原因になるとのことです。私はてっきり省略しても実際のルーティングテーブルやNICのIPの持ち方等から判断してどこかのインターフェースに自動的に紐付けているのだと思っていたのですが、そうではなかったようで少々驚きました。

皆さんもお気をつけ下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました