フェールオーバークラスタに「すでに存在するファイルを作成することはできません。」により参加できないノードが発生しました。

「すでに存在するファイルを作成することはできません。」というエラーで、クラスタのノードがクラスタに参加できなくなってしまいました。

image

image

 

Get-ClusterLog <ホスト名>で。”C:\Windows\Cluster\Reports\Cluster.log”にファイルが生成されます。クラスタログファイルを確認したところ以下の記述でした。

00002214.000021fc::2013/03/02-14:11:54.080 INFO  [TM] Adding interface ServerName – Backup-Team to cluster configuration
00002214.000021fc::2013/03/02-14:11:54.085 ERR   [GUM] Node 1: Local Execution of a gum request /tm/gum/set-state resulted in exception AlreadyExists(183)’ because of ‘already exists'(ServerName – Backup-Team)
00002214.000021fc::2013/03/02-14:11:54.085 ERR   [CORE] Node 1: exception caught AlreadyExists(183)’ because of ‘already exists'(ServerName – Backup-Team)
00002214.000021fc::2013/03/02-14:11:54.085 ERR   Exception in the PostForm is fatal (status = 183)
00002214.000021fc::2013/03/02-14:11:54.085 ERR   Exception in the PostForm is fatal (status = 183), executing OnStop

NICがすでに存在している…という状況のようです。この情報をもとに検索してみると以下のブログにヒットしました。

 

    1. Open ncpa.cpl
    2. Rename all network interfaces by appending a random character. For example, ‘Local Area Connection 3’ can be renamed ‘Local Area Connection 3X’; ‘Heartbeat’ can be renamed ‘HeartbeatY’
    3. Start the Cluster service. It will now start up successfully.
    4. Stop the Cluster service and rename all the network interfaces to their original names.
    5. Start the Cluster service again.

上記手順に従い、NICをリネームしたことできちんとクラスタに参加できるようになりました。しかし、この状態でもう存在していない情報がフェールオーバークラスタマネージャー上で認識されてしまっています。これが重複の元にもなっていたようです。

image

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\Tcpip\Parameters\Interfaces

上記レジストリパスにネットワーク情報が記録されているので見てみましたが、ここには問題となっている情報はありませんでした。さらにIPアドレスで全体を検索してもヒットしません。

クラスタはどこにこの情報を持っているんでしょうか?

PS C:\Windows\system32> $networks[4] | fl
Name    : S12HVS3 – Backup-Team
Node    : S12HVS3
Network : クラスター ネットワーク 2
State   : Up
PS C:\Windows\system32> ping 172.16.3.54
172.16.3.54 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
172.16.1.35 からの応答: 宛先ホストに到達できません。
172.16.1.35 からの応答: 宛先ホストに到達できません。

StateはUPになっているくせにPingも通りません。現在設定はしていないので当たり前なのですが。クラスタのクォーラム情報に不整合が発生しているのでしょうか?色々試しましたがらちがあかない感じだったので、やむなくクラスタからノードを削除し、再追加しました。結果、ごみは消え正常な状態になりました。色々悩んだり調べたりしてしまいましたが、結局ノードを削除して再追加するのが最短コースだったようです…。

Microsoft MVP for Microsoft Azure。「Windowインフラ管理者入門」著者。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。エレキベースを演奏します。将棋も少しやります。ハイブリッドクラウド研究会(HCCJP)主催。最近はYouTuberです http://bit.ly/2NTCKmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

x
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!最近はブログよりもYoutubeに力を入れていますので是非Youtubeもご覧ください!
胡田昌彦のコンピューター系チャンネル