現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

Hyper-Vクラスタの高可用性ゲストとその他のクラスタ技術との組み合わせについて

Hyper-V
この記事は約4分で読めます。

前回の記事で見たように、Hyper-VクラスタのCSVに配置した仮想マシンはHA構成にするしか(サポートされる)選択肢がありません。

きちんとCSVで共有するディスク領域と、個別のノードに配置するためのディスク領域を計算し、割り当ててあげればよいわけですが、個別に割り当てる…という話になるとどうしても容量に偏りが出たり、構成が複雑になったりなど少々気乗りしない感じです。全部HAにして良いのであればこういう苦労はしなくていいわけで、そういう構成が現実的に取れるのかどうか確認してみます。

まず、気になるのは製品自体でクラスタ構成を組むようなものです。

Hyper-VのHAとExchange Server 2010以降のDAGの組み合わせはExchange Server 2010 SP1以降ではサポートされるとのこと。

Exchange Server 2013もOKです。

Exchange サーバーの仮想マシン (データベース可用性グループつまり DAG の一部となっている Exchange メールボックス仮想マシンなど) は、移動されたりオフラインになったりしたときにディスクの状態を保存または復元しないように仮想マシンが構成されている限り、ホストベースのフェールオーバー クラスター化および移行テクノロジと組み合わせることが可能です。ハイパーバイザー レベルで発生するフェールオーバー動作はすべて、フェールオーバー先のノードで仮想マシンがアクティブになったときに、コールド ブートする必要があります。計画されたすべての移行は、シャットダウンしてコールド ブートするか、Hyper-V ライブ移行のような技術を利用したオンライン移行になる必要があります。仮想マシンのハイパーバイザー移行はハイパーバイザー ベンダーがサポートするため、ハイパーバイザー ベンダーが Exchange 仮想マシンの移行をテストしており、サポートすることを確認する必要があります。Microsoft は、これらの仮想マシンの Hyper-V ライブ移行をサポートしています。
Exchange 2013 の仮想化: Exchange 2013 Help http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj619301(v=exchg.150).aspx

その他は、できるけれどもやる必要ある?やらないほうが良くない?という情報が見つかります。

今回改めて調べるまでは私も上記のような認識だったのですが、そこよりはサポートする方向に年月がたって傾いてきている印象です。

NLBはどうでしょうか?…と思って結構頑張って調べたのですが、ズバリ言及している情報を見つけることができませんでした。私は30分ほど検索して見つからない場合には「無い」ものとして扱うことにしており、それ以上探すことはしません。Googleさんのインデックス能力はそれだけ高いと思っています。

一応以下の記事では高可用性のVMにNBLを追加で構成することのメリットに言及しているので、「あり」ということのように受け取れます。

NLB の機能によってフェールオーバー クラスターのノードになっている VM では、VM のメンテナンス中でもワークロードで高可用性が実現されます。VM で更新やなんらかのメンテナンスが必要な場合は、その VM のワークロードを同じホストの別の VM に転送したり、すべてを別のホストに転送したりすることができます。

仮想化: Hyper-V と高可用性 http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/hh127064.aspx

動作しない理由も特にないので、普通に動作するものと思われます。テストして確認してみようと思います。

というわけで、すべてCSVにまとめて高可用性のVMで構成するのも大抵の場合可能なのではないだろうかと思っています。実際のところは実運用で身を持って不便さも便利さも体験してみないとわからないので、やってみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました