iSCSI関連の障害の切り分け方法

Ask COREにてiSCSI ソフトウェア イニシエーターを利用する場合の注意点についての記事が公開されています。

本来パフォーマンス向上のための機能ですので、無効時には逆にパフォーマンスが悪くなる可能性があります。

という注意書きが連発されているのが、このあたりの現実的な状況を表しているなぁと思います。

記事にもありますが、「弊社フェールオーバー クラスタリング (WSFC) や、Hyper-V、VSS (ボリューム シャドウ コピー) と併用した場合」にはそもそもFCを使っていても不安定な現実がありますし、頭が痛い所です。

Microsoft MVP for Microsoft Azure。「Windowインフラ管理者入門」著者。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。エレキベースを演奏します。将棋も少しやります。ハイブリッドクラウド研究会(HCCJP)主催。最近はYouTuberです http://bit.ly/2NTCKmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

x
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!最近はブログよりもYoutubeに力を入れていますので是非Youtubeもご覧ください!
胡田昌彦のコンピューター系チャンネル