パスワードが通らなかったら配列を確認する

パスワードが通らない!ということは良くあります。特にパスワードに記号が含まれている場合、キーボードの配列が異なっている事が原因かもしれません。あるいはCapsLockが有効になっていて大文字、小文字が適切でないかもしれません。

ユーザー名を入力する場所など入力した文字が見える場所に一度パスワードを打ってみて、意図した文字列になっているかどうかを確認してみましょう。

特に、OS展開ツールやSCVMM、SCCM等、各種の自動インストールソフトを使って自動構成したOSでは日本語キーボード配列ではなくて英語キーボード配列になっていることが非常に多いです。きちんと自動応答ファイルで日本語配列にしてあげなければいけません。

というわけで、パスワードを決めるときには英語キーボードで入力する際に位置がわかっているパスワードにしておくのが良いかもしれませんね。

Microsoft MVP for Microsoft Azure。「Windowインフラ管理者入門」著者。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。エレキベースを演奏します。将棋も少しやります。ハイブリッドクラウド研究会(HCCJP)主催。最近はYouTuberです http://bit.ly/2NTCKmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

x
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!最近はブログよりもYoutubeに力を入れていますので是非Youtubeもご覧ください!
胡田昌彦のコンピューター系チャンネル