UACが有効な環境でスクリプトから「昇格」させる方法

UACが有効な環境では管理者権限が必要な操作をスクリプトから実行させようとすると失敗します。これを回避するためにはきちんと「昇格」させてあげなければいけません。

VBScriptで昇格させる方法はかなり前に以下の日記に書きました。

同様にPowerShellでも昇格させたい場合にはStart-Processの-Verbオプションに「RunAs」という引数を渡すことで実現可能です。ヘルプにも以下のように書かれています。

# Starts a PowerShell process with “Run as Administrator” permissions.

PS C:\>start-process powershell.exe -verb runas

VBScript, PowerShellそれぞれの私が良く使用するスニペットを貼り付けておきます。どちらも自分で書いたのではなく、どこかのコードを参考にさせてもらったものだったと思いますが、失念してしまいました・・・。

vbscript

PowerShell

Microsoft MVP for Microsoft Azure。「Windowインフラ管理者入門」著者。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。エレキベースを演奏します。将棋も少しやります。ハイブリッドクラウド研究会(HCCJP)主催。最近はYouTuberです http://bit.ly/2NTCKmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

x
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!最近はブログよりもYoutubeに力を入れていますので是非Youtubeもご覧ください!
胡田昌彦のコンピューター系チャンネル