DNSの静的エントリを変更しても元に戻ってしまう

IPアドレスの変更に伴い、DNSの静的エントリ(Aレコード)を手動で変更したにもかかわらず、しばらく時間がたつと古いアドレスに戻ってしまう…という現象がありました。

 

現象が発生していたのはドメインコントローラー兼、DNSサーバーでした。もちろんOSとしては新しいIPアドレスに設定されており、動作もDNSレコードを手動で書き換えた直後は問題なし。原因がわからなくて結構悩んでしまったのですが結局DNSサーバーに対してDNSに登録するサービスを固定的に指定しており(HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DNS\Parameters\PublishAddresses )、そのIPアドレスを変更していなかったのが原因でした。

複数のNICをもつシステムだったこともあり、クライアントからアクセスできないIPアドレスがDNSサーバーに登録されてしまうことを防ぐために行った設定がきちんと把握、変更されていなかったということになります。検証環境で緩く運用されており、きちんと構成管理していないような環境だとこの手の細かい設定を後追いで確認するのはなかなか手間ですね…。

Microsoft MVP for Microsoft Azure。「Windowインフラ管理者入門」著者。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。エレキベースを演奏します。将棋も少しやります。ハイブリッドクラウド研究会(HCCJP)主催。最近はYouTuberです http://bit.ly/2NTCKmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

x
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!最近はブログよりもYoutubeに力を入れていますので是非Youtubeもご覧ください!
胡田昌彦のコンピューター系チャンネル