Excel(Microsoft Office)にてOutlookの添付ファイルやブラウザでダウンロードしたファイルが開けない

image

メモリまたはディスクの空き容量が不足しているため、ドキュメントを開いたり、保存したりできません。

不要なブックやプログラムを終了して、メモリの空き容量を増やしてください。

ディスクに保存されている不要なファイルを削除して、ディスクの空き容量を増やしてください。

 

こんなメッセージがある時から頻繁にでるようになってしまいました。特に

  • Outlookで貰ったメールについていた添付ファイルをそのまま開こうとした時
  • ブラウザでダウンロードしたOfficeファイルを開こうとした時

に、このメッセージがでて開けず困っていました。はじめはOutlookだけで事象を確認していて、iPhoneアプリからは閲覧できたので、Outlookのダウンロード周りの中で何かファイルが壊れるようなバグが紛れ込んでしまったのかな?そのうち治るだろう…なんて思っていました。Outlookの添付ファイルを開く操作は以前からずっと問題なくできていたので。

でも、今日、ブラウザからのダウンロードしたファイルでも同様の症状となったので、Outlookのせいではないなと気が付きまして…。

 

結局、ダウンロードしたファイルがセキュリティ的に危ないから開けないようにOffice側でブロックしているのが原因だったようです。(マニアックな方向け:NTFS代替えストリームの中身を見て、開いて良いファイルかどうかの判別が入るように何処かでOffice側に変更入った模様です。)

image

ファイルのプロパティを開いて、「ブロックの解除」をしてあげればファイルが開けるようになることを確認しました。

(追記)単に「ブロックの解除」だけではだめで、ファイル名を変更してあげる必要があるものもありました。規則性不明です。

でも、これだと、Outlookの添付ファイルをそのまま開くアクションはできないよなぁ…と思います。Office側のセキュリティ設定を緩めれば開けるようになりそうですがとりあえず回避策はわかったのでそのまま運用してみようと思ってます。

Microsoft MVP for Microsoft Azure。「Windowインフラ管理者入門」著者。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。エレキベースを演奏します。将棋も少しやります。ハイブリッドクラウド研究会(HCCJP)主催。最近はYouTuberです http://bit.ly/2NTCKmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

x
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!最近はブログよりもYoutubeに力を入れていますので是非Youtubeもご覧ください!
胡田昌彦のコンピューター系チャンネル