Azure Stack 1808 update / Managed Disk, Azure Monitor, extension hostなどの新機能 / 更新がさらに簡単に

Azure Stack 1808 updateが出ましたね。早速適用しました。

  • https://docs.microsoft.com/en-us/azure/azure-stack/azure-stack-update-1808

今回の更新ではManaged Diskがサポートされたのが一番嬉しいですね。これでAzureとの一貫性の度合いがまた一気に高まりますね。

Azure MonitorもAzureでは当たり前に使うものなので嬉しいです。

で、extension hostはAzureStackの管理者にとって非常に重要なので、今からしっかり理解して準備しないといけないですね。

コンセプトとしては「色々なサービスごとに異なるサブドメインやポート番号を使うと証明書の用意とかFWの穴あけとか大変だから全部同じ証明書で対応できて、TCP443番ポートしか使わないようにしよう」というお話と理解してます。

Azure Stackの既存のサービスもこの仕様に統一されていくようですし、これからの新しいリソースプロバイダーも全部この形に統一されるのでしょう。

Azure Stack用のネットワークポートの穴あけは一度443だけやっておけば良くなるのは素敵です。

代わりに、新しい2つのサブドメインをextension hostのために使用するそうです。証明書の準備が必要なので備えなくてはですね。

正直なところ、RPが出てくるたびに新しい証明書を作るのは面倒だなと思ってましたので、後一回で終えられるなら大歓迎です!

Microsoft MVP for Microsoft Azure。「Windowインフラ管理者入門」著者。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。エレキベースを演奏します。将棋も少しやります。ハイブリッドクラウド研究会(HCCJP)主催。最近はYouTuberです http://bit.ly/2NTCKmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

x
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!最近はブログよりもYoutubeに力を入れていますので是非Youtubeもご覧ください!
胡田昌彦のコンピューター系チャンネル