自分自身からメールが届いた。乗っ取られている?

複数の人から「自分自身からメールが届いた、乗っ取られてしまっているのだろうか?」という話をもらいましたので、「そうではないですよ」ということを動画で実際に実演もしながら解説してみました。

今回のネタは動画のほうが伝わりやすいかな?と思って動画にしてみましたが、文章のほうがサクッとすばやくポイントできますので、要点は以下に。

  • 認証なしでメールを送信することができる(※認証が必要なケースもありますが歴史的にみても認証なしのほうが大部分です。)
  • 「送信者」の設定は単に文字列で指定するだけでありいくらでも自由に設定できる。
  • 心配だったらメールヘッダで送信元を確認できる

実際のやり方は動画を参照してみてください。

最近ちょっと時間的な余裕ができたことやYoutubeでのライブ配信のやり方を覚えたこともあり、リアルタイムに質問を受けながらそれに回答するようなこともできると嬉しいなと考えています。「それだったらこういうテーマの話をしてほしい」などあれば、コメント、Twitter等でリクエストもらえると嬉しいです。

Microsoft MVP for Microsoft Azure。「Windowインフラ管理者入門」著者。Windows系中心のインフラよりの何でも屋。エレキベースを演奏します。将棋も少しやります。ハイブリッドクラウド研究会(HCCJP)主催。最近はYouTuberです http://bit.ly/2NTCKmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

x
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!最近はブログよりもYoutubeに力を入れていますので是非Youtubeもご覧ください!
胡田昌彦のコンピューター系チャンネル