現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

Windows11に互換性のないTMPすら搭載していない古いPCにUSBから正式版Windows11をクリーンインストールしてWindowsUpdateまでできるのかどうか試してみました。

この記事は約2分で読めます。

CPU互換性もなく、TPMも搭載していない古いPCにWindows11のクリーンインストールをしてみました。

互換性がないということでもちろんインストールできなかったのですが、非公式のレジストリ設定をするとインストールできました。

その状態ではWindows Updateはできないのではないかと思っていたのですが、Windows Updateも現状は実施可能でした。もちろん完全にサポートもなければやるべきでもないですが、何かちょっと実機のWindows 11を使ったテストをしたいときに手元に互換性のあるPCがない…というような場合にはこのような手法を自己責任で使ってもいいのかもしれないなと思いました。

TPM 2.0のチェックとCPUの互換性をスキップするレジストリ設定 (Microsoftから公式情報あり)

キーHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup
値の名前AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU
REG_DWORD(DWORD 32ビット)型
値の内容1

TPMのチェックとCPUの互換性を完全にスキップするレジストリ設定(Microsoftから公式情報無し)

キーHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\LabConfig
値の名前BypassTPMCheck
REG_DWORD(DWORD 32ビット)型
値の内容1

コメント

タイトルとURLをコピーしました