3件のコメント

Storage Migrationが不完全な形で終わってしまい、復旧に時間がかかった(AVHDXファイルのチェーンの修復方法)

先日、Hyper-VのStorage Migrationが不完全な形で終わってしまい何故か2台の仮想サーバーになってしまう、しかも1台は起動が不可能、もう一台は相当過去の状態に戻ってしまう…というかなりクリティカルな問題が発生しました。テスト用の環境でかなり乱雑に扱われていたのが原因だろうとは思うのですが…。 詳しく説明すると以下のような状況でした。 もともとのVMは4つのスナップショットが存在し...

「Hyper-Vよくある失敗集」がよくまとまっていました。

先日とあるセミナーで教えてもらった以下の富士通さんが出しているドキュメントの内容がよかったです。 Hyper-V よくある失敗集 Hyper-Vのよくある問題が2008から2012R2まで色々まとまっています。一通り目を通しておくとよいと思います。 このドキュメントに限らず、富士通さんが出している技術文章は色々とクオリティの高いものがありますので、しばしばお世話になってます。

シャットダウンが進まない時には停止処理中のサービスに注目

メンテナンス中にトラブルがあってかなり無駄に時間を使ってしまったので反省も兼ねてメモしておきます。 Hyper-Vクラスタで予備ノードが無いテスト系のノードにhotfixを適用して再起動する作業をしていました。再起動を実行した所…Remote Desktopからはすぐにログオフさせられたもののいつまでたってもシャットダウンしない状況になってしまいました。結局起きていたことは以下の様なことでした。 ...

必要最小限のTCPポートしか開いていないWindows Serverとファイルをやり取りする方法(Windows Server 2012 ServerをWebDavサーバー/クライアントにする方法)

最近はクラウドサービスなども多くなり、必要最小限のTCPポートしか開いていないWindows Server同士でファイルのやり取りをする必要が発生することが増えました。単純にエクスプローラーで「\\\\ServerName」などと入力すればアクセスできる同一LAN内とは違って色々と工夫が必要です。 リモートデスクトップ接続でドライブをマウントする 個人的に一番お手軽だと思うのはリモートデスクトップ...

Hyper-V Server 2012用のローカルGUIツール Corefig

Hyper-V Server 2012用のGUIツールであるCorefigの紹介です。 Hyper-V Server 2012は無償でHyper-Vが利用できるOSですが、GUIは付属せずコマンドですべて管理するものです。が、それ用のGUツールを開発している方達がいます。個人での検証用には有力な選択肢になりそうです。 Corefig for Windows Server 2012 Core and...

Hyper-V Replicaの設計補助ツール

Hyper-V Replicaの設計支援ツールが公開されています。Hyper-V Replicaはまだまだ本番導入事例は少なく、設計のための情報も少ないですからこういったツールの提供はありがたいですね。 私はビジネス継続性、ディザスタリカバリ、テスト目的などHyper-V Replicaは色々と使いでがある技術だと思ってます。 Capacity Planner for Hyper-V Replic...

Hyper-Vクラスタの高可用性ゲストとその他のクラスタ技術との組み合わせについて

前回の記事で見たように、Hyper-VクラスタのCSVに配置した仮想マシンはHA構成にするしか(サポートされる)選択肢がありません。 Hyper-Vクラスタの高可用性のオンオフと仮想ディスクの配置先の話。(高可用性にしないとCSVにディスクを配置できない) | WindowsServer管理者への道 きちんとCSVで共有するディスク領域と、個別のノードに配置するためのディスク領域を計算し、割り当て...
3件のコメント

Windows Server 2012でのDHCPを利用したNAPの構築方法 part3 SCCM(WSUS)連携

前回はDHCPを利用したNAP環境を構築しました。今回はセキュリティ更新プログラムの更新の動作をSCCM上のWSUSと連携させて行なってみました。実際にはソフトウェア更新部分にはSCCMサーバーを利用しており、大部分はWSUSでも同じです。途中うまく行かず試行錯誤しておりますが、そのまま記録しておきました。