Azure StackのUpdateの仕組みについて #azurestack #azurestackjp

Ignite 2018で参加した下記のセッション内で解説されていたUpdateの仕組みについてまとめておきます。Azure Stackの信頼性の根幹がここにあり、私はこの仕組が素晴らしいと思うのです。 元ネタは以下です。 MyIgnite – The guide to becoming a Microsoft Azure Stack operator このエントリ内の画像等も全て上記か...

(随時更新)Microsoft Ignite 2018発表事項概要(日本語) #MSIgnite

皆さんこんにちは胡田(えびすだ)です。今年はMicrosoft Igniteに現地にて初参加してます!そう、実は初参加なんです。今までずっと行きたかったけれども機会に恵まれなかったので今回は参加できてすごく嬉しいです。 Ignite2018での発表事項等はイベント自体やブログ等であちこち公開されると思いますが、日本語で概要がさっとまとまっているものはあまり存在しない…かもしれません。私自身の理解の...

Networld.next 2018 DXにて登壇 – 日本のIT業界の未来について思う

今日はNetworld.next 2018 DXにて 【Networld】3大メガクラウド構築ベンダーがガチンコ対決! 【Networld】メガクラウド vs HCI ガチンコ頂上決戦! というセッションにて登壇させていただきました。 対決形式、ということで今まで経験のない形式でしたが、私はAzureでのシステム構築をするベンダーという立場でAzure推進の立場で楽しくやらせてもらいました。 今回...

Test-AzureStackを実行して結果をTeamsに通知する #azurestack

Test-AzureStackはAzureStackの全体的なテストを実施してくれる便利なコマンドレットです。 ただ、実行するにはERCSにRemote PowerShellで入って~と結構手間がかかります。そこで、自動的に実行して結果をTeamsに投稿するスクリプトを書きました。タスクスケジューラーにでも登録して毎日実行させておくと幸せになれるかなと思います。 コードはGitHubにあげておきま...

Azure Migrateのラボを体験

皆さんこんにちは。胡田です。 Windows Server 2008, 2008 R2のサポート終了が間近に迫る中、皆様いかがお過ごしでしょうか? Azureへの移行にはAzure migrateが良い感じに使えます。スクリーンショットがほしい状況がありましたのでAzure Migrateのラボの手順をなぞりましたので簡単にスクリーンショット含めて共有しておきます。 Azure Migrateこれ...

AADのユーザー一覧をCSVに出力

AADのユーザー一覧をCSVに出力…。 いや、もうこの手のユーザー一覧を出力するスクリプトって何回書いたかもう覚えていないほど何度も何度も書いてます。でも、また今日も書いちゃいました…。 でも、Azure Active Directoryからユーザー情報を抽出してCSVに出力するのは、PowerShellだとすごく簡単に書けますね。別に書いておく必要も感じないくらいに簡単です。VBScriptでゴ...

「Excelで開くとCSVファイルが文字化けしている」場合の回避方法

皆さんこんにちは胡田です。 CSVファイルを開くと日本語が文字化けしてしまっていること、よくありますよね。会社で質問をもらったのですが、あまりにもよくあるケースで困っている人も多いと思いますのでブログに書いておきたいと思います。何度かMicrosoftさんにも報告させてもらっている気がするのですが、なかなか難しいところです。 いくつかパターンがあると思いますが今回対象にするのは下記のケースです。 ...

Azure StackのPEP(privileged endpoint, 特権エンドポイント)へどこから接続すべきか

Azure Stackではログ収集や一部の操作を行うためにPEP(privileged endpoint, 特権エンドポイント)に接続するケースがあります。個人的に一番多いのはTest-AzureStackコマンドでテストすることでしょうか。 そのPEPにはRemote PowerShellで接続するのですが、そこに対してどこから接続すべきか、というガイドラインが当初と大きく変更されていますので少...

Azure Stack 1807 update

しばらくこのブログを書く時間がありませんでしたが、また少しづつ書いていきたいと思います。 まずは継続的に追いかけて一番力をいれているAzure StackのUpdateから。しばらく月一ペースで更新が出ていましたが、1806はスキップされて、1807が現在の最新の更新です。 また日本語化されていませんが、最新のリリースノートは以下です。 Azure Stack 1807 Update | Micr...