WinNATでHyper-V環境でお手軽にNAT構成(Windows Server 2016以降、Windows10 Anniversary Update以降)

検証環境がガラッと変わりまして、Windows Server 2019のHyper-V環境でインターネットには2回NATが必要な状況になりました。 RRASサービスを使うか、NAT専用のVMを構築しようかとも思いましたが、Windows NAT(WinNAT)で簡単にHyper-V環境でのNATが構成可能になっているのでWinNATを利用して構成しました。 公式ドキュメントは下記です。 NAT ネ...

Windows 10のショートカットと自動化について【動画あり】

最近Windows10のショートカットキーに関しての動画を3つほど作成、公開してみました。 Windows10ショートカット【初心者編】 – YouTube Windows10ショートカット【中級者編】 – YouTube Windows10ショートカット【受けそうなもの編】 – YouTube 想像どおりではあったのですが、やはり新しくてすぐに使えるわかりやす...

[Keyhac]Windows 10をEmacsキーバインドにしつつCapsLockをC-に割り当てつつオリジナルのCtrlキーも使う方法

今回はかなりマニアックな内容です(笑)。ですが、個人的にはこれなしではもうWindowsを使えないレベルです。多分もう20年くらいはツールの変遷(xkeymacs→Keyhac)も経験しながら下記のような環境で過ごしています。ある意味超おすすめ設定です。 実現すること Keyhacとfakeymacsを使ってWindows上で常時Emacsキーバインドをすべてのアプリケーションで利用可能にする。 ...

2017/02/10 今週のトピックス

今朝自動車のフロントガラスにかわいいメッセージが残っていました。 さて、今週のトピックスです。 2016年にGAしたAzureサービスを一覧にしてみた – Qiita 6 users はじめに この記事は 「Microsoft Azure – Qiita」 の16日目になります。 概要 2016年にGAしたサービスをまとめてみました。 Azureを振り返りながら今年を振り返...

Desire State ConfigurationでCaps Lockキーを右Ctrlに構成する(xkeymacs命)

皆さんこんばんは。胡田です。 Windowsをemacs風キーバインドにするxkeymacsを使い続けて…もう何年たったのかすら忘れました。Windows10ではちょっと動作が不安定な感じもありますが引き続き使いまくってます。 Caps Lockを右Ctrolキーにレジストリ変更で変更し、CapsキーをC-に割り当てて使っているのですが、Windows10のUpdateのたびにレジストリ設定がクリ...